葬儀にかかる費用

必要になる費用の相場

葬儀をするときにかかる費用は、どんな形式や宗派でするか、どのくらいの規模でするか、どこで行うか(自宅か斎場か)、祭壇の種類はどうするか(白木か生花か)、などによって違います。基本的に通夜、葬儀、告別式と一通り仏式一般葬で行った場合、200万円くらいの葬儀費用がかかると言われています。 葬儀会社によってプラン別に料金が違うので、どこの葬儀会社に依頼するかでも費用が安くなったり、高くなったりします。格安で済ませたいなら、通夜も葬儀も告別式も行わない「直葬プラン」がだいたい25万円程度で利用できます。斎場も使用せず、一般会葬者も宗教関係者も参加しないので、ほとんど追加料金なしでとり行うことができます。

最近の葬儀費用の傾向

近年は葬儀費用の相場は低下してきています。以前はとにかく立派なお葬式をあげることが故人の供養になると言われていました。しかし、そんな価値観は時代とともにいつのまにか崩壊し、身内や友人たちだけで行うアットホームな式を望む人が多くなってきています。また、葬儀の目的が多様化し、故人の趣味や意向を反映して行うケースも多く、昔からあるような一般的なお葬式を行うケースが減ってきました。 今主流となっているのが「家族葬」です。家族葬ならコストを抑えてそれなりの葬儀ができます。一般葬のように豪華なお葬式はできないけど、直葬をするのも抵抗がある、という人に需要があります。家族葬プランはだいたい50万円前後で利用できます。