個人的なお墓

先祖代々のお墓が減ってきました

昔はそれぞれの家が先祖代々のお墓を持っているのが当たり前のようになっていました。現在は各人が自分の意思で居住地や職業を選択できるようになっていますが、昔はそうではありませんでした。その結果、血縁者が狭い地域に集まって住むようになっていましたので、人が亡くなった後の埋葬方法として先祖代々のお墓を建立した場合でも、問題なくそれを守り続けていくことができました。しかし、先程も述べたように、現在では誰もが自由に居住地や職業を決められるようになっていますので、墓守をする人が誰もいなくなってしまうケースが増えてきました。お墓や先祖供養に対する考え方も昔とは大きく変わりましたので、先祖代々のお墓を維持し続けるケースがグッと少なくなっています。

個人墓や夫婦墓が増加すると考えられています

ここ数年目立ってくるようになったお墓の形式に、個人墓や夫婦墓というものがあります。昔は、結婚した女性が亡くなると、当然のこととして嫁ぎ先のお墓に遺骨を納められていました。しかし、お嫁さんからしてみると、自分とは全く血の繋がりのない、赤の他人の遺骨と一緒にされることになってしまいます。知らない人に囲まれていては、落ち着いて永遠の眠りにつくこともできません。そのため、婚家のお墓には入りたくないと希望する人が、以前からたくさん存在していました。その要望に応えられるのが、最近多くなってきた夫婦墓です。夫婦墓であれば、一緒に永遠の眠りにつくのは夫だけです。見も知らぬ先祖の遺骨に囲まれて肩身の狭い思いをする心配が全くないため、今後は夫婦墓を購入する人が多くなるだろうと予想されています。